沖縄プロ野球キャンプ2017

北海道日本ハムファイターズ

HOKKAIDO NIPPON-HAM FIGHTERS

栗山監督「素晴らしいキャンプ地」、中島「連覇を目指す」


日本ハムは25日、名護キャンプを打ち上げました。3-11で敗れた阪神とのオープン戦後には「ありがとう!名護市営球場」のセレモニーが行われ、栗山英樹監督や選手らが参加しました。

【写真:セレモニーに参加した栗山監督ら】
 
同球場は今キャンプ後に取り壊され、2020年の完成を目指し新球場の建設がスタートします。日本ハムは1987年からキャンプ地として使用し、栗山監督は「名護のみなさん、そして名護球場。本当にありがとうございました。我々がこうやって前に進めるのは、この素晴らしいキャンプ地があったからです。多くの先輩方、そしてファイターズ関係者、みんなの思いを込めましてお礼を申し上げます」と挨拶。
 
その上で、「3年後、名護市長が最高の球場を作ってくださると約束してくれたので、我々はファンとともに楽しみに待っています。それまで、さらに強いチームを作って、ここに戻ってきます」と約束しました。

【写真:セレモニーを見届けたファンの皆さん】
 
その後、打ち上げの一本締めが行われ、主将代理の中島卓也内野手が「ファイターズだけが日本シリーズ連覇を目指す権利があります。チーム一丸となって、大きな目標に向かって行きましょう」と挨拶し、キャンプを締めくくりました。

【写真:一本締めの音頭をとった中島内野手(中央)】

お問合せ 『沖縄プロ野球キャンプ 沖縄事務局』(株式会社JTB沖縄内)

『沖縄プロ野球キャンプ 沖縄事務局』(株式会社JTB沖縄内)
TEL:098-860-4738
/ E-Mail:info@okinawabaseball.com
/ 営業時間:10:00-18:00(開通期間:2月1日~28日)