沖縄プロ野球キャンプ2017

読売ジャイアンツ

YOMIURI GIANTS

復活目指す杉内がシート打撃に登板「アピールして行きたい」


右股関節手術からの復活を目指す杉内俊哉投手が28日、午前中に行われたシート打撃に登板しました。
 
杉内は阿部慎之助内野手、村田修一内野手ら6選手を相手に15球。ヒット性の当りを3本許しましたが、ギャレット・ジョーンズ外野手からスライダーで空振り三振を奪うなど、全盛期を彷彿とされる投球を披露しました。
杉内俊哉,
【写真:シート打撃に登板した杉内投手】
 
杉内は登板後、「初っ端が阿部さんだったし、緊張感がありました。抜けたりしたボールもあったが、真っ直ぐも変化球もまぁまぁだった」とコメント。今後については「試合のイメージに慣れるには試合で投げるしかない。アピールして行きたいし、やるしかない」と力を込めました。
杉内俊哉,
【写真:シート打撃登板を振り返った杉内投手】

お問合せ 『沖縄プロ野球キャンプ 沖縄事務局』(株式会社JTB沖縄内)

『沖縄プロ野球キャンプ 沖縄事務局』(株式会社JTB沖縄内)
TEL:098-860-4738
/ E-Mail:info@okinawabaseball.com
/ 営業時間:10:00-18:00(開通期間:2月1日~28日)