沖縄プロ野球キャンプ情報を現地から発信!

沖縄キャンプ【バスの旅】〜バスで巡るキャンプ訪問・北部・中部編〜

「バスで巡るキャンプ訪問」、略してバスキャン。
バス使用のメリットは、駐車場の心配もなくガソリン代も不要で経済的。さらに車窓からの眺めや、運が良ければ地元の方々とも交流ができることも。車の運転が苦手な人はもちろん、車内で球団研究をじっくりしたいファンまで、新たな沖縄キャンプの巡り方をお届けします。

目次

1.北海道日本ハムファイターズのキャンプ地へ

北部エリアのハブとなるのは「名護バスターミナル」。リムジンバスや高速バスなど数多くのバスが乗り入れし、北部エリアの各地へ路線バスの接続がなされています。那覇空港からは111、117番で約90分にて到着。120番の乗り入れもしているが、停車箇所が多く160分ほど。まずは、名護ターミナルから歩いて5分ほどの「タピックスタジアム名護(名護市営球場)」へ。北海道日本ハムファイターズ1軍がキャンプし、今年2月に球場が全面リニューアルされました。県内で2番目の規模となります。真新しい球場を訪れるだけでもテンションが上がること請け合いです。


67番バス乗り場

タピックスタジアム名護(名護市営球場)

名護バスターミナル

大型コインロッカー

「那覇空港」→→「名護バスターミナル」 (タピックスタジアム名護)

利用したバス停
「那覇空港 国内線旅客ターミナル前3番」→「名護バスターミナル」→「タピックスタジアム名護(名護市営球場)」徒歩5分
乗ったバス
路線:111、117番
合計運賃
2,190円
乗ったバス
120番
合計運賃
2,000円

2.北海道日本ハムファイターズ・ファームのキャンプ地へ

北海道日本ハムファイターズ1軍の観戦後は、北海道日本ハムファイターズ・ファームの応援へ向かいます。東シナ海の美しいロケーションの道を名護バスターミナル発の67番バスでゆったりと北上し、50分ほどで「かいぎんスタジアム国頭」そばのバス停「半地共同売店前(辺土名向け)」へ到着。徒歩5分ほどで球場です。歩いてすぐの場所にはお店などがないので、名護で飲み物などを購入することをお勧めいたします。沖縄北部ののんびりとした雰囲気と、原始林のやんばるが広がるエリアで癒される時間を過ごすことができます。


かいぎんスタジアム国頭

日本ハム・ファームサイン


半地共同売店前バス停

「名護バスターミナル」(タピックスタジアム名護)→→「半地共同売店前」(かいぎんスタジアム国頭)

利用したバス停
タピックスタジアム名護(名護市営球場)」徒歩5分→「名護バスターミナル」→「半地共同売店前(辺土名向け)」→「かいぎんスタジアム国頭」徒歩5分
乗ったバス
路線:67番
合計運賃
990円

3.阪神タイガースのキャンプ地へ

「かいぎんスタジアム国頭」から再び67番バスで50分南下し、「名護バスターミナル」へ。次の目的地は阪神タイガースがキャンプする「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」です。111番(名護バスターミナル5番)で20分ほど乗車すると、高速道路を降りた球場そば停留所の「宜野座インターチェンジ」へ到着。そこから球場へは、徒歩3分ほどです。また、バス路線117番は同停留所を通過となってしまうので注意が必要です。「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」は2006年には室内練習場のドームも完成。さらに2019年「宜野座多目的スポーツ施設」が新設され最新の設備が整えられました。


観覧しやすいバックネット裏スタンド

球場の室内練習場は明るく広々

宜野座ICを降りてすぐにある「宜野座高速バス停」

阪神タイガース推しの自動販売機

「半地共同売店前」(かいぎんスタジアム国頭)→→「宜野座インターチェンジ」(かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

利用したバス停
67番「かいぎんスタジアム国頭」徒歩5分→「半地共同売店前(名護向け)」→「名護バスターミナル」乗り換え→111番「名護バスターミナル」→「宜野座インターチェンジ」→「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」徒歩3分
乗ったバス
路線:67、111番
合計運賃
1,700円(990円+710円)

4.東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプ地へ

阪神タイガースのキャンプ地をあとにし、東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプ地「金武町ベースボールスタジアム」へ向かいます。海岸線に沿った国道329号を進むと海に面したバス停「道の駅ぎのざ」へ。海へとつながっているように見える、子供向けのプールがある道の駅を散策するのも楽しいかもしれません。レストランも併設していますので、食事にも絶好のロケーションです。再びバスに揺られてコンビニエンスストア脇の「中川」バス停で下車。球場周辺にはお店がないので、こちらで購入がお勧めです。のんびりとした風景に癒されながら、外野席の芝生で休憩も良いかもしれません。周辺にはスポーツドクターが待機するクリニックや、本格的なサッカーグランドなど、スポーツする人にとって最高の環境が整っています。


コンビニ脇の中川バス停で下車

金武町ベースボールスタジアム

「宜野座インターチェンジ」 (かりゆしホテルズボールパーク宜野座)→→「中川」(金武町ベースボールスタジアム)

利用したバス停
「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」徒歩3分→「宜野座小学校前もしくは中央公民館前」→「中川」→「金武町ベースボールスタジアム」徒歩13分
乗ったバス
路線:77番
合計運賃
160円

5.広島東洋カープのキャンプ地へ

沖縄の空の玄関口、那覇空港から路線バスで巡るキャンプ地訪問、中部編は、広島東洋カープのキャンプ地、「コザしんきんスタジアム」からスタート。那覇市南部に位置する那覇空港から、沖縄本島の中部、沖縄市のコザまでは高速道路が便利。路線バスも一部高速道路を通過する驚きも新鮮です。空港のバス停は「国内線旅客ターミナル前3番」です。約50分ほどで「コザしんきんスタジアム」最短のバス停「沖縄市運動公園前(胡屋向け)下り」へ到着。路線番号は113番が便利。ただし、日曜日の運休が多いので注意が必要です。また、高速バス(111、117、152番)で「沖縄南インターチェンジ」バス停利用もお勧めです。球場まで徒歩で8分ほどと近く、バスの本数が多いのも利点です。

「那覇空港」→→「沖縄市運動公園前」(コザしんきんスタジアム)

利用したバス停
「那覇空港 国内線旅客ターミナル前3番」→「沖縄南インターチェンジ」→「沖縄市運動公園前(胡屋向け)下り」→「コザしんきんスタジアム」徒歩3分
乗ったバス
路線:113番「沖縄市運動公園前(胡屋向け)下り」球場まで徒歩3分
高速:111、117、152番「沖縄南インターチェンジ」球場まで徒歩8分
合計運賃
1,040円

6.中日ドラゴンズのキャンプ地へ

広島東洋カープを堪能した後は中日ドラゴンズ観戦へ。多球団を一度で巡ることができるのは沖縄キャンプならではの楽しみ方。中日ドラゴンズのキャンプ球場は、北谷町にある「北谷公園野球場」です。「コザしんきんスタジアム」を出て東へ進み、国道330号「園田(そんだ)交差点」近くにある「園田(山里・沖縄南IC向け)」バス停へ。62番に乗車すれば乗り換え無しで「北谷公園野球場」近くのバス停、「美浜アメリカンビレッジ南口」に20分ほどで到着です。どちらの停留場の近くにもカフェやレストラン、定食屋さんなどが多く並び、食事をするのも最適です。


「佐久本商店前」じゃなくて「園田」

「園田」(コザしんきんスタジアム)→→「美浜アメリカンビレッジ南口」(北谷公園野球場)

利用したバス停
「コザしんきんスタジアム」徒歩15分→「園田(そんだ)(山里・沖縄南IC向け)」→「美浜アメリカンビレッジ南口」→「北谷公園野球場」徒歩5分
乗ったバス
路線:62番「北谷公園野球場」球場まで徒歩5分
合計運賃
370円

7.DeNAベイスターズのキャンプ地へ

中部最後の訪問地はDeNAベイスターズです。中日ドラゴンズのキャンプ地「北谷公園野球場」から宜野湾市にあるDeNAベイスターズのキャンプ地の「アトムホームスタジアム宜野湾」までは20分ほどです。道程は、「北谷公園野球場」から国道近くにある「桑江中学校入口」へ移動。63番バスへ乗車し、片道3車線の大通り、国道58号を那覇方面へ15分ほどで「真志喜」バス停へ。乗り換えで反対車線へ移り99番のバスで「宜野湾市営球場前(アトムホームスタジアム宜野湾の旧名)」で下車すれば、宜野湾のシンボリック「歓海門」がお出迎えです。宜野湾海浜公園内にあるスタジアムは沖縄らしい解放感ある雰囲気。自動販売機やベンチなども多く、一休みには最適です。

「桑江中学校入口」(北谷公園野球場)→→「真志喜」→→「宜野湾市営球場前」(アトムホームスタジアム宜野湾)

利用したバス停
「北谷公園野球場」徒歩5分→「桑江中学校入口」→「真志喜(上り)」乗り換え→「真志喜(下り)→「宜野湾市営球場前(アトムホームスタジアム宜野湾の旧名)」→「アトムホームスタジアム宜野湾」徒歩1分
乗ったバス
路線:63番「真志喜(上り)」乗り換え→「真志喜(下り)」99番→「宜野湾市営球場前」
合計運賃
460円(300円+160円)

荷物は、空港から直接ホテルへが便利!!

那覇空港1階到着ロビーにあるヤマト運輸では、7時30分から13時の間であれば、本島内ホテルへ同日の19時までに届けてくれるサービスを実施。身軽になってバス旅をより楽しむことができます。

【携帯電話・スマートフォン等】
0570-200-000
【固定電話等】
0120-01-9625
【IP電話等】
050-3786-3333
営業時間
7:30〜20:00
料金
手荷物1個1,000円(税込)

※印刷しているプロ野球沖縄キャンプ攻略ガイドブック2020_P9について11時30分までとなっておりますが、情報が古くなっております。お詫びし訂正いたします。
正)7時30分から13時の間であれば、本島内ホテルへ同日の19時までに届けてくれるサービスを実施。

バス旅に欠かせないアプリ 「バスなび沖縄」「バスマップ沖縄」


出発! その前に!!
沖縄バス旅のコツは、路線番号を確認する事。球場などの施設側には多くのバス停が点在していますが、すべてのバスが停車するとは限りません。上り、下りでも少し離れた場所に設置されている場合が多いのが実情です。グーグルマップ活用であれば「〇〇球場への行き方」で検索。沖縄本島路線バス総合案内システムの「バスなび沖縄」サイトやアプリもお勧めです。GPSでバスの現在位置情報が分かり、到着時間も確認できます。また、「バスマップ沖縄」もバスの乗り方まで丁寧な案内が秀逸です。見ているだけでも旅行している気分になれます。



「バスなび沖縄」
https://www.busnavi-okinawa.com/top/


「バスマップ沖縄」
http://www.kotsu-okinawa.org/index.html

乗れば乗るほどお得!沖縄路線バス 周遊パス(券)

沖縄路線バス 周遊パス。那覇バス・沖縄バス・東陽バス・琉球バス交通が乗り放題!ゆいレールプラスも!

旅行代金・料金
2.500円~
その他の料金
1,250円~
旅行日数
1日~3日間
出発地
各地

※周遊パスは、【観光客限定】観光を目的に短期滞在で沖縄県を訪問される県外・国外在住の方のご利用に限ります。

詳しくはこちら↓
https://rts21.co.jp/tour_options/view/okinawapass

後記

バスを使って駆け足で巡ってきたプロ野球キャンプ訪問、「バスキャン」は如何でしたでしょうか。バスの交通網が比較的発展している沖縄ならではの楽しみ方を、是非体験してみてください。沖縄の中部から北部にかけて、ゆったりとバスの振動に揺られる時間は貴重な体験となるはずです。

ページ上へ